English

株式会社マーケティング・リサーチ・サービス

03-5976-0711

お問い合わせ

目的別施策

製品アイデアを開発したい

クライアントB社(食品関連)

新奇性のある製品開発の
アイデア探しに悩むB社のアイデア創出を実施

課題

食品メーカーであるB社は毎年春に新商品を販売する。
これまで開発チームが定期的にアイデア出しから商品開発を行ってきたが、売れそうで且つ斬新なアイデアが出にくくなってきた。
社内には新技術や新素材があるが、それを魅力的な製品に作り上げることができていないという悩みがあった。

MRSの改善提案

新技術や新素材を「消費者にとっての価値に転換する」ためには、消費者視点とプロの視点を併せ持つ立場からの発想が不可欠と考え、『料理家モニター』によるワークショップ形式の製品アイデア出しの提案を行った。

調査実施後の改善施策

B社ではワークショップ実施後、生産の実現性を考慮しながらアイデアを絞り込んだ。
新技術を使って「面倒な手間を省いて、手の込んだ料理を作れる」新商品を開発し、販売した。