English

株式会社マーケティング・リサーチ・サービス

03-5976-0711

お問い合わせ

用語集

一覧へ戻る

分散分析(analysis of variance)

用語解説

2種類のデータX、Yがあって互いに独立に変動しているものとしたとき(つまりデータ間の相関係数がゼロのとき)、次の加法法則が成り立ちます。「(X+Y)の分散=Xの分散+Yの分散」このような関係を利用して行なう分析を分散分析と呼んでいます。応用例としては、①層化抽出法においてXは層間の変動、Yは層内の変動とみなす、②2段抽出法においてX、Yはそれぞれ1次、2次抽出単位の変動とみなす、③実験計画法においてX、Yをそれぞれ独立な要因の効果とみなします。

出典

市場調査マニュアル 改訂新版
監修 株式会社 マーケティング・リサーチ・サービス
著者 後藤秀夫

一覧へ戻る