English

株式会社マーケティング・リサーチ・サービス

03-5976-0711

お問い合わせ

用語集

一覧へ戻る

単純無作為抽出(simple random sampling)

用語解説

無作為抽出法のなかでもっとも基礎的な方法です。母集団を構成するすべての抽出単位から無作為に選んでそれを調査対象とします。その際、どの単位も調査対象に選ばれる確率が等しくなるようにします。具体的には、すべての抽出単位に一連番号をつけておき、乱数表によって必要な個数の乱数を取り出して、それと番号が一致した抽出単位を当ったことにします。

出典

市場調査マニュアル 改訂新版
監修 株式会社 マーケティング・リサーチ・サービス
著者 後藤秀夫

一覧へ戻る