English

株式会社マーケティング・リサーチ・サービス

03-5976-0711

お問い合わせ

調査手法別サービス案内

グループインタビュー

MRSのグループインタビューでは、同じグループの対象者間の相互作用が生まれるように、発言の促し方や場の盛り上げ方などに配慮、工夫を施しています。
オンラインで行うことで、対象者の自宅や職場の状況を中継してもらう「モバイル・エスノグラフィー」もできるようになりました。

事例を見る

特長
  • 1グループ3~6人くらいで1つのテーマについて話し合う座談会形式の調査手法です。
  • 対象者の表情や語調、身振り手振りなどの生の反応を観察することができるので、言葉以上の情報を得ることができます。また、対象者間の相互作用(グループダイナミズム)が生まれることで、思いがけない反応や幅広い意見が期待できます。
  • 仮説の構築にも定量調査の解釈を助けるための補完情報としても活用ができます。
  • POINT
    1

    オンラインで遠方の方も参加可能

    移動や時間に制限がある人など、今まで参加できなかった人を対象にインタビューできるようになりました。対象者だけでなく、クライアント企業様の調査に関わる方々も遠方からリアルタイム視聴できます。

  • POINT
    2

    専門のモデレーターによる進行

    対象者間の意見交換が活発になるようにうまく進行する専門のモデレーターとのネットワークを保有しているので、テーマや対象者属性との相性を考えながら、選ぶことができます。

  • POINT
    3

    自在な調査設計

    インタビューの前に事前課題を依頼したり、インタビュー中に対象者にワークをお願いしたり、インタビュー後に試作品を自宅で使ってもらっての日誌をつけてもらうといった、様々な設計が可能です。

グループインタビューの
スケジュール例
  • 対象者条件検討とスクリーナー作成
    1週間

  • 対象者のリクルート
    2週間

  • 実査
    1~3日

  • 発言録
    実査翌日

  • 報告書
    実査後2週間程度

事例を見る